「井端の活躍に感激」 WBCをみんなで観戦

スポーツ

[ 2013年 3月 11日 月曜日 15時35分 ]

 開催中のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で3連覇を狙う日本チームを応援しようと、飯田市内で8日、有志らによるパブリックビューイング(PV)が開かれた。台湾戦を観戦し、奇跡の勝利を喜び合った。

 インターネットのSNS(ソーシャルネットワーク)「フェイスブック」を活用して交流している中日ドラゴンズファンの集まり「FBドラキチ会南信州支部」の中村史彦さんが企画。PV応援ができるシステムを備える中央通りのBAR・Bloodの協力で開催した。

 参加者たちはスクリーンに映し出される中継を見ながら、攻防の行方に一喜一憂。時に持参したメガホンを叩いたり、歓声をあげて交流を深めた。

 ドラゴンズファンどうしの交流会を重ねてきたが、他チームファンと交流の場を持つのは今回が初めてという中村さん。「野球という共通項で他のチームのファンと交流し、地域の人たちの仲間づくりにつなげられたら」と話していた。

 試合は力を入れて応援していたドラゴンズの井端弘和内野手が大活躍してみせた。8回に初得点に絡む安打を放ってダイヤモンドを駆け抜けると、9回には2死から奇跡の適時打で同点とし、逆転劇をドラマチックに演出する立役者となった。

  

関連の注目記事

powered by weblio