やまびこマーチ開幕、全国から4000人~飯田の自然を歩いて楽しむ~

スポーツ

[ 2014年 4月 28日 月曜日 12時50分 ]

 全国のウオーキング愛好者が集い南信州を歩く「第28回飯田やまびこマーチ」(飯田市など主催)が26日、飯田中央公園を主会場に開幕した。27日までの2日間、子どもから大人まで約4000人が、飯田の自然を楽しみながら歩く。

 日本マーチングリーグ加盟大会の一つで、全国のウオーカーに親しまれている。また市の「歩くまちづくり」のシンボル事業として、市民の日常生活におけるウオーキングの普及・定着を図る機会としており、子どもたちの歩く機会を増やそうと、小学生未満とその保護者を対象とした短距離の歩育コース(3キロ)を今回新設した。

 初日の26日は快晴に恵まれ、さわやかな春の青空が広がった。主会場に集まった参加者は、暖かな日差しを受けながら出発の時を待った。

 神戸市から訪れた男性(76)は3回目の参加。「歩くのが好き。今日は20キロ、明日は30キロを歩く。飯田は自然がいい。りんご並木の花や南アルプスを見ながら楽しんでいる」と話していた。

 この日は40、20、10キロと舟下り、大平、風越、PTAコースの出発式が行われた。実行委員長の伊澤宏爾市教育長は「それぞれ特徴のあるコースで、途中では市民の皆さんがおもてなしを用意している。楽しんで、頑張って歩きましょう」と呼び掛けた。

 同日午後には昨年に続いて、2本のポールを使って歩く「ノルディック・ウオーク」の講習会やミニコンサートが主会場で行われた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞