アザリー飯田 初優勝

スポーツ

[ 2021年 7月 7日 水曜日 15時08分 ]

 創設26年で悲願達成―。飯田下伊那地域を拠点とするサッカークラブ「アザリー飯田フットボールクラブ」の男子トップチームは4日、第42回県社会人フットボールリーグ1部の第6節で勝利し、同リーグで初優勝を果たした。

 第6節は茅野市陸上競技場で、優勝争いをしていた2位のFCアビエス(茅野市)と直接対決。小雨でピッチの状況が悪い中、両チームとも長いパスで前に出すオープンな展開に。前半が0―0、後半も無得点が続き引き分けになるかと思われたが、最後のアディショナルタイムのラストプレーに、10番田中嗣夫選手(31)が中に切り込んでスルーパスを出し、21番岡本能知選手(24)がゴールを決め、劇的な勝利を収めた。

 同クラブの上沼直樹会長(46)は「26年やってきて初めての優勝。悲願達成でただただうれしい」と感慨深げ。本島龍二主将(26)は「ようやくここまでこれた」と喜びを端的に語り、筒井淳貴副主将(25)は「長い年月の中でいろんな人が重ねてきてくれたものが、今回優勝という形になった」と感謝した。

 今年の県リーグ1部は8チームによる1回のみの総当たり戦で、5月に開幕。アザリー飯田は幸先良く3―1で勝利すると、第4節を引き分けた以外は全て勝利。勝ち点16で2位のFCアビエスに4点差を付け、最終節を待たずに無敗で優勝を決めた。

 第6節以外は全て3点以上得点したが、上沼会長は快進撃の要因を「守備が良くなった」と分析する。「守備が堅いことで安心して攻められるようになり、攻める回数が昨年から大幅に増えた。相乗効果になった」と語る。

 また、今年は昨年から所属する選手がほとんどで、「連携がより上がった」という。本島主将は「昨年は新型コロナウイルスの影響で皆で練習ができず、公式戦で合わせる形となり、選手のポテンシャルを引き出せなかった。今年はシーズン前から練習試合もでき合わせられ、成熟した」と語る。

 アザリー飯田は1995年創立。当時はチーム名が飯田FCだったが、99年に市民球団を目指し改名した。アザリーは飯田市花のみつばつつじを表す。その後ジュニア、ジュニアユース、キッズを立ち上げ、育成に力を入れている。今年の登録メンバー24人のうち、半数がジュニアユース出身で、クラブ育ちの選手が多いのが特徴だ。また、女子やシニアもあり、幅広い世代がサッカーを楽しめる環境づくりを進めている。

 10~11月には北信越リーグ2部昇格をかけて、北信越チャレンジリーグに挑む。新潟、富山、福井、石川、長野の5県の1位チームによるリーグ戦で、2位以上になると昇格する。上沼会長は「平均年齢が26歳と若いチーム。目の前の試合一つ一つに勝つことに集中している」とし、「ここまできたからには1位になって昇格する。飯田下伊那の歴史を変えたい」と力強く語った。

◎写真説明:決勝ゴールを決め喜び合う選手たち(茅野市陸上競技場)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22

コロナ対策 検査キット2万4000セット無料配布へ

7月28日水曜日15:38

リニア残土運搬新案に松川町「具体的な安全対策を」

7月27日火曜日15:25








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞