アザリー飯田が親子サッカー教室

スポーツ

[ 2012年 9月 18日 火曜日 9時15分 ]

 飯田市を拠点としたサッカークラブ「アザリー飯田」(麦島千六代表)は15日、園児と保護者を対象にした「サッカーフェスティバル2012親子サッカー教室」を同市松尾代田の飯田女子短期大学グラウンドで開いた。親子ら120組が参加し、日差しに映える緑の芝生の上でサッカーを楽しんだ。南信州新聞社など後援。

 2002年のFIFA日韓ワールドカップの記念事業として、日本サッカー協会(JFA)が国内各地で進めているJFAキッズ企画の一環。飯田下伊那ではアザリー飯田の主催で開いており、6回目を迎える。

 晴れ空の下、サッカークラブのユニホームやTシャツ姿の親子らが集合。アザリー飯田のトップチームやジュニアユースの選手たちとともに、ボール遊びや手をつないでのミニゲームなどに汗を流した。

 アザリー飯田のキッズプロジェクト担当でジュニアユースの監督を担う宮下勇さんは「晴天に恵まれて何より。親子で楽しく体を動かしてもらえれば」と笑顔で話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞