アジア大会 カヌー矢沢が優勝 日本女子初の金メダルに

スポーツ

[ 2018年 8月 23日 木曜日 15時16分 ]

 インドネシアのジャカルタで開かれているアジア大会第5日の22日、カヌー・スラロームの女子カヤックシングルで飯田市出身の矢沢亜季選手(26歳、昭和飛行機工業所属、飯田西中―埼玉・東野高―駿河台大出)が優勝した。アジア大会のスラローム種目で日本女子初の金メダル。

 決勝は95・83点をマーク。2位通過した準決勝より4・67点も縮めて完勝。ミスを極力抑える巧みなパドルさばきで金メダルをたぐり寄せた。

 2年後の東京五輪でのメダル獲得へ、さらなる飛躍を目指す。父の勝美さん(57)は「参戦しているワールドカップの前半は結果が伴わず苦しんでいた。目標とする東京五輪へ弾みがつく優勝だと思う」と、娘の金メダル獲得を喜んだ。

 矢沢選手は、カヌー選手だった父の手ほどきで小学生の頃からカヌーを始め、地元の天竜川で腕を磨いた。県内にスラロームを強化する高校はなく、カヌー選手としての実績のある兄同様、埼玉県入間市の東野高に進学した。大学卒業後も競技を継続。日本オリンピック委員会(JOC)が主催する「トップアスリート就職支援ナビゲーション」により、昭和飛行機工業に入社した。前回のアジア大会は3位で、2016年リオデジャネイロ五輪は予選敗退だった。

 また、スラロームの男子カナディアンシングル決勝はリオ五輪銅メダルの羽根田卓也選手(ミキハウス)が90・06点で2連覇を果たした。

 【女子】

 ▽スラローム・カヤックシングル準決勝 ②矢沢亜季100・50点

 ▽同決勝 ①矢沢亜季95・83点

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞