サッカー・コーシン高森カップ

スポーツ

[ 2017年 7月 29日 土曜日 13時27分 ]

003soccer

 9歳以下(U―9)の年代を対象にした飯田下伊那地域の新たなサッカー大会となる第1回「コーシン高森カップ」が29日、高森町の高森南小学校グラウンドを会場に2日間の日程で開幕した。飯伊と上伊那のほか、愛知県の1チームを加えた計9チームが参加し、8人制の総当たり戦を繰り広げる。

 同町山吹の建設業「コーシン工業」(久保田進社長)が主催。1993年の創立で来年に25周年を迎えるエスカーダ高森(幾島隆代表)が運営を担う。

 小学校低学年向けの大会が地域に少ないことから、U―9年代の技術レベルの向上とともに「他地域のチームとの交流や親睦を深め、創造的でたくましい少年たちを育もう」と大会を創設した。

 29日の開会式で久保田社長(41)は「感謝せざる者、夢追うべからず」の格言を伝え、競技を通じた心の成長も期待。「家族をはじめ、コーチや仲間、相手チームにも感謝の気持ちを忘れず、全力でプレーしてほしい」と呼び掛けた。

 選手宣誓でエスカーダ高森の吉田悠人君(8)=高森南小2年=は「今日と明日、思い切りサッカーを楽しむことを誓います」と力強く宣言した。

 コートは62メートル×46メートル、時間は13分ハーフ。選手交代は自由とし、勝ち点を基本に順位を決める。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞