サッカー少年ら交流 飯伊フェス開催 「マラドーナ」も登場

スポーツ

[ 2018年 10月 7日 日曜日 12時48分 ]

ディエゴ・加藤・マラドーナさん(右)がゲストでプレー

 地域のサッカー少年が集い、試合やミニゲームを楽しむ「2018飯伊サッカーフェスティバル」が6、7の両日、飯田市松尾明の市総合運動場で開かれた。サッカー界の往年の名選手「マラドーナ」のモノマネで知られるお笑いタレント、ディエゴ・加藤・マラドーナさんが4年連続のゲストで登場し、コミカルな動きだけでなく、華麗な足技や力強いシュートで盛り上げた。

 飯田サッカー協会(吉川敏一会長)が主催。「Enjoy Football」を合言葉に「地域のサッカー熱や一体感を高めることで芝グラウンドをはじめとするサッカー環境の充実につなげよう」と2015年から毎年この時期に開いている。

 年代別のミニゲームをたっぷり企画。初日は小学2、3、4年生の計13チームが、2日目は小学5、6年生の計15チームが出場し、両日で約300人がプレーを楽しんだ。6年生の部には地域外の木曽FCも招いた。

 ディエゴ・加藤・マラドーナさんは帝京高校(東京)出身で、選手権で準優勝2回の実績を誇る。初日は多くの試合で助っ人を務め、絶妙なアシストや豪快なドリブルを見せた。子どもたちには「もっと声を出そう」「あきらめずに点を取るぞ」などのエールを送った。

 一緒にプレーした小学4年で喬木アレグリの池田創将君(10)と牧内宇龍君(9)はそれぞれ「見た目は面白いけれど、サッカーはとても上手」、「ドリブルが速いし、シュートも力強かった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)