松本山雅が松川町にサッカースクール開校

スポーツ

[ 2015年 2月 4日 水曜日 12時52分 ]

 サッカーJ1松本山雅FCの育成組織ユースアカデミーが、4月に4校目となる「南信州校」(仮称)を松川町で開校する。同町の後援を得て、人工芝を備える屋内スポーツ施設を会場にする計画。対象は飯田下伊那や上伊那の園児から小学校3年生で、早ければ今月から募集を始める。

 ユースアカデミーの高橋耕司理事長(51)ら3人が3日、同町を訪れ、深津徹町長に協力を求めた。

 高橋理事長は「応援していただける飯田下伊那のために、サッカーを通して何かお手伝いできればと考えていた」と述べ、開校までの経緯を説明。地域貢献の一環として取り組むとした。会場となる屋内スポーツ施設については「天候に左右されない素晴らしい施設」と強調した。同施設は昨年3月に人工芝に変わった。広さは約1000平方メートル。

 深津町長は「J1昇格もあって県民の期待は大きい。子どもたちの憧れのチームと交われる環境が町内にできるのは大変ありがたい」と歓迎した。

 南信州校は未就学児童(Kids)、小学1年生(S―7)、小学2年生(S―8)、小学3年生(S―9)の4クラスを設定。それぞれ週2回選択でき、コーチには同ユースアカデミーのスタッフが当たる。通年を計画し、シーズンオフには山雅選手との交流もある。

 飯田下伊那のサッカーレベルの向上や、地元のクラブや少年団で活躍できる選手の育成が主な目的。高橋理事長は「昔からサッカー熱が高い地域。サッカーをやってみたいと考える子どもの掘り起こしになれば」と期待を込めた。

 子ども向けに開くサッカースクールは、松本校(松本市)、諏訪校(諏訪市)、安曇野校(安曇野市)が既にある。会員数は約380人。南信州校は4月上旬の開校を目指す。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞