小学生も初めて参加 テーピング講習会

スポーツ

[ 2015年 1月 20日 火曜日 12時20分 ]

 県教育委員会南信教育事務所飯田事務所は18日、飯田市追手町の飯田合同庁舎で本年度第3回スポーツ活動指導者講習会「テーピングの基礎と応用~正しい知識を身につけよう~」を開いた。

 飯田下伊那のスポーツ推進員や体育協会関係者、小中高の部活動指導者、スポーツクラブ指導者など約70人が参加。ことしは初めて参加する人が目立ち、小学生も今回初めて上郷ミニバスケスポーツ少年団から11人が参加した。

 講師は、県柔道整復師会の会員が中体連などで救護活動を行うため、1998年に設立した対外ボランティア活動母体である飯伊接骨院トレーナーズ協会の会員10人。現在、飯伊39院49人全員が加入している。

 講習会はことしで9回目。テーピングの基礎と応用について講義の後、全体実習、5つのグループ別実習を繰り広げた。講師を務めた同会副会長の伊藤浩兼さんは「足首のテーピングが一番難しい。それができると他の部位もできる」と説明。今回は足首と膝関節の基礎テーピングから、1人でできる簡単テーピングを中心に希望の各部位について実習した。

 伊藤さんは「テーピングを過信してはいけない。骨折して痛みがある場合はテーピングしてもプレーは無理。ケガの程度に応じて判断する必要がある」と指摘。「テーピングに触って手になじませ繰り返し行うことが上達のコツ」とアドバイスした。

 小学生たちはテープを手で裂くのに一苦労。講師や指導者に助けてもらいながら、お互いにテーピングし合う姿が見られた。飯田東中で女子バスケットの指導にあたる教諭(23)は「スポーツにケガはつきもの。しっかり習って生かしたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞