チームのため「1勝でも多く」

スポーツ

[ 2021年 1月 29日 金曜日 15時31分 ]

 卓球女子元日本代表として活躍し、2019年3月に現役を引退した飯田市出身の井林茉里奈さん(28)=名古屋市在住=が、トップおとめピンポンズ名古屋からプロリーグ「Tリーグ」に参戦し、現役復帰した。井林さんは「1勝でも多くチームに貢献したい」と話している。

 鼎名古熊出身。5歳のときに家族の勧めで卓球を始め、中学・高校は青森県の青森山田に進学した。淑徳大学(埼玉県)在学中の2013年全日本選手権で3位を獲得し、同年にパリで開かれた世界選手権へ出場。卒業後は日立化成(現昭和電工マテリアルズ)を経て十六銀行に所属し、実業団チームで活躍した。17年の全日本社会人選手権女子シングルスでの優勝実績を持つ。

 19年3月に引退した後は、「卓球に携わる仕事がしたい」と、トップおとめピンポンズ名古屋の事務局として勤務していた。

 復帰の打診は昨年の夏。新型コロナウイルス感染症の拡大で、所属する外国人メンバーの来日が困難になる状況を想定してのことだった。井林さんは「ブランクが心配だがなかなか無いチャンス。新しい道を切り開きたい」と、復帰を決断。事務局業務と両立する形で9月に練習を再開し、開幕までにコンディションを整えた。

 リーグはコロナの影響で開幕が遅れたものの、11月にスタート。シーズン中は他3チームと7試合ずつ、計21試合を行う。現在、チームの戦歴は1勝と苦戦しているが、井林さんは「プロの世界の緊張感を味わえて、楽しくプレーできている」と話す。

 週6日、3~4時間の練習に取り組む井林さんは、事務局との両立について「大変といえば大変だが、仕事と卓球でオンオフが切り替えられるので充実している」とし「選手としては少しでも多く勝ちをつかみとりたい。事務局としては情報発信でTリーグのファンを増やし、卓球、スポーツの楽しさを多くの人に知ってもらいたい」と今後の展望を語った。

◎写真説明:トップおとめピンポンズ名古屋のメンバーとして活躍する井林さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞