ツアー・オブ・ジャパン第17回大会出場チーム発表会

スポーツ

[ 2014年 3月 27日 木曜日 10時02分 ]

 ツアー・オブ・ジャパン組織委員会はこのほど、5月18日から8日間にわたって南信州を含む全6ステージで開催する第17回大会の出場チーム発表会見を都内で開き、出場する海外7、国内9チームを明らかにした。南信州ステージは5月21日。今回もこれまでと同じ下久堅を周回するコースで開く。

 今回も昨大会に続き、UCIプロチームのランプレ・メリダ(イタリア)が出場。プロに次ぐUCIプロコンチネンタルチームからは、UCI世界ツアー経験者も多いドラパック・プロフェッショナルサイクリング(オーストラリア)が参加する。

 他、海外勢はアヴァンティ・レーシングチーム(オーストラリア)、HKSI プロサイクリングチーム(香港)、ラファ・コンドール・JLT(イギリス)、タブリーズ・ペトロケミカル・チーム(イラン)、トレンガヌ・サイクリングチーム(マレーシア)が出場する。

 国内チームは昨年と同じ顔ぶれで、愛三工業レーシングチーム、ブリヂストン・アンカー、サイクリングチーム、C・プロジェクト、マトリックス・パワータグ、シマノ・レーシング、チームUKYO、宇都宮ブリッツェン、ヴィーニファンティーニ・NIPPO・デローザ、日本ナショナルチームが参戦する。

 会見では、国内出場チームの選手が大会に向けた抱負を語った。

 愛三工業レーシングの西谷泰治は「強豪チームや世界からツアーに出てる選手も来るなど出場する選手のレベルが非常に高い。1つでも多く勝利数を上げたい」と語った。

 17回目となる今ツアーは、5月18日―25日に開催。南信州のほか、大阪府堺市の堺、岐阜県美濃市の美濃、静岡県小山町の富士山、同伊豆市の伊豆、東京都の東京の計6ステージを転戦する。

 南信州ステージは、これまでと同じ同市下久堅を中心とする山岳ルート(1周12・2キロ)を12周する周回コース開催。標高差が最大で180メートルある過酷な山路を銀輪が疾走する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24