ニュースポーツフェスティバル開く

スポーツ

[ 2010年 11月 10日 水曜日 9時27分 ]

 飯田市体育指導委員協議会と市教育委員会が主催する「ニュースポーツフェスティバル」(南信州新聞社など後援)が7日、同市松尾の勤労者体育センターであった。市内を中心に昨年より多い96チーム約500人が参加。ニュースポーツ種目を通じさわやかな汗を流し、交流の輪を広げた。

 県民スポーツフェスティバルの地域版として昨年に続いて企画。黒と白のボールを専用スティックで交互に打ち五目並べ方式で競う「囲碁ボール」と、変形ボールをワンバウンドさせネット際で争う「ワンバンドふらばーるバレー」の2種目を行った。

 うち囲碁ボールは、カーリングの要領で相手のボールを弾き出したり、自陣のボールをうまく並べよう―と狙いをつけて打ち込んでいた。気軽に楽しめるスポーツとあって、小学生から80歳代までが出場し競い合った。

 12月5日には第2弾として、長さ10メートルのロープを回し、跳んだ人数と跳んだ回数を掛けた数で競う「大なわとび」記録会を同会場で開く。「ペタンク」「キンボール」といったニュースポーツの体験会も予定している。

 同フェスティバル実行委員長の下平眞千子さんは「回数を重ねるごとにニュースポーツの広がりを感じる。多くの人が気軽に楽しめるスポーツとして今後も続けていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞