ボンシャンスと上村小児童が交流会

スポーツ

[ 2016年 10月 6日 木曜日 16時33分 ]

001ボンシャンス

 飯田市上村を拠点に活動展開する地域密着型サイクルレーシングチームの「チーム・ボンシャンス」(福島晋一代表)は5日、市立上村小学校(矢澤善夫校長)を訪れ、児童たちと初めての交流会を開いた。全校児童11人はレース用の自転車に触れながら、レースの楽しさや世界に出ることの大切さを学んだ。

 選手との交流を通じて自転車への興味関心を高めるとともに、高い技術力を知ることで自分の将来の夢を考える機会にすることが狙い。ボンシャンスはプロを目指す選手の育成学校としての位置付けで上村をホームにして4年目。この日は福島代表(45)と弟の福島康司さん(43)、14歳から22歳までの5人の所属選手が愛用する自転車とともに同校を訪れた。

 福島代表は現在日本とイタリアがコラボレートして誕生したUCIプロフェッショナルコンチネンタルチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ」の監督も務める傍ら、ボンシャンスでプロ選手育成に励む。訪れた選手5人の中には海外大会での優勝経験者も含まれ、各選手が自己紹介も兼ねて自転車レースの魅力を語った。

 実際に自転車に乗ったり、ギアの変速にチャンレンジした児童たち。「何歳で自転車に乗れましたか?」「どうしてレースの選手になろうと思いましたか?」「この中で一番高い自転車は?」など質問タイムでは積極的に疑問を投げ掛けた。選手たちがトレーニングで活用する3本ローラーを使って全力で自転車をこぐと、6年の男子児童(11)は「すごいかっこよかった。間近で見れてうれしい」と話した。

 福島代表は「海外を舞台に戦う選手の喜びや苦しみ、経験を肌で感じてもらえれば」と話し、「日本人は内向的な面がある。積極的に自分から世界へ呼び出すような人物になってもらいたい」と願った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞