ライスボウルMVPの牧内さんが優勝報告

スポーツ

[ 2010年 2月 16日 火曜日 8時08分 ]

 アメリカンフットボールの日本選手権、ライスボウル(1月)で主将として優勝に貢献し、最優秀選手(MVP)にも選ばれた飯田市川路出身の牧内崇志さん(28)=東京都調布市=が13日、飯田市役所を訪ね、牧野光朗市長に日本一とMVP獲得を報告した。夜は飯田高校のOBらに囲まれ激励を受けた。

 ライスボウルは1月3日に東京ドームで行われ、社会人代表の鹿島が関大に19―16で勝ち、12年ぶり2度目の優勝を果たした。

 飯田高校時代は野球班に所属し、進んだ新潟大でアメフットに熱中したという牧内さん。175センチ、82キロと同競技の選手としては小柄だが、守備の要であるラインバッカー(LB)として一気に頭角を現し、持ち前のスピードと優れた判断力を武器に社会人の鹿島入社後も活躍。07年には日本代表としてワールドカップを経験している。

 この日は、試合の激しさを物語る傷だらけのヘルメット、番号「42」のユニホーム、ライスボウルMVPのトロフィーを携え、「目標だった日本一を達成することができました」と報告。牧野市長は「日本の中でトップを張れる選手が出るのは大変な誇り」と述べ、今後の活躍にも期待した。

 夜は飯田高の卒業生ら有志でつくる「牧内崇志君を激励する会」が中心になって祝う会を市内ホテルで開き、同校OBや野球班の友人ら約80人が出席した。同校の清水越郎校長、同窓会の松村勝副会長のあいさつに続き、高校で3年間野球を指導した元教諭、田中正俊さん(64)は「テレビを見て感動した。エネルギーをもらう活躍だった」と喜びの声。牧内さんは「これからも日本一を目指してがんばります」と力強く誓った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞