ラグビー日本代表 細田選手が地元で報告会

スポーツ

[ 2016年 7月 23日 土曜日 13時43分 ]

細田選手激励会 飯田市出身のラグビー日本代表、細田佳也選手(28)の報告会兼激励会が21日、市内であった。同市を拠点に活動するNPO法人南信州クラブが企画。細田選手は6月に出場したカナダ代表とのテストマッチを振り返り、集まった子どもたちに向けてアドバイスもした。

 細田選手はカナダ代表とのテストマッチが代表初キャップ。フランカーとして先発出場し存在感を見せたが、後半に危険なプレーで退場処分を受けた。

 試合前は胸が高鳴り「どきどきを抑えることができなかった」と細田選手。退場に触れると「初代表で退場は自分でも珍しいと思う」と苦笑いした。内容には「納得できるようなパフォーマンスができなかった」といい、そこでの経験をトップリーグの舞台で生かして成長を図っていくと誓った。

 日大を卒業後、トップリーグのNECへ進み、身長192センチの大柄な体格と俊足を生かして活躍する。今季はラグビー世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」(SR)で、日本チーム「サンウルブズ」のFWとして参戦も果たした。

 会場には小中学生ら約200人が集まり、細田選手のトークに耳を傾けた。質問コーナーもあり、重なるけがで挫折した時期を聞かれた細田選手は「苦しい時に自分をどう変えられるか。いろんなことも学んだ期間でもあり、それによって強くなれた」と話した。

 細田選手から日本代表の記念グッズが用意され、グッズ争奪のじゃんけん大会が始まると会場は盛り上がりを見せた。

 来場者の拍手と花束贈呈などで激励を受けた細田選手は笑顔で応えた。報告会後、子どもたちのサインや記念撮影の求めにも快く応じていてた。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34