上村で公民館卓球大会開く

スポーツ

[ 2014年 2月 25日 火曜日 9時11分 ]

 飯田市上村の伝統行事「第20回小学生・公民館卓球大会」が22日に上村小学校体育館で開かれ、小学生から大人までの26人が熱戦を繰り広げた。昨年に続いて南信濃地区も参戦し、各部門で交流を深めた。

 上村は伝統的に卓球が盛んな地域で、1994年から上村公民館が主催して同大会を開いている。昨大会からは隣接する南信濃公民館が主催者に加わり、2地域の行事に位置付けている。

 体育館に複数の卓球台を並べ、午前9時に開会。小学生によるジュニアカップと、中学生を含む一般の部男女でトーナメント戦を繰り広げた。

 選手たちはラケットを握り、真剣な表情でサーブを放ったり、力を調整してスマッシュを打ったり。ボールの行方に一喜一憂しながら、得点を重ねた。

 上村卓球クラブや中学校のクラブに所属している児童・生徒もいて、本格的なカットやドライブが繰り広げられる場面もあった。

 上村小学校3年の男子児童(9)と、和田小学校6年の男子児童(12)は仲良し2人組み。ともに「最初は緊張したけど、試合をしているうちに楽しくなってきた」と声をそろえ、上位入賞した。

 園原長門上村公民館長は「南信濃の皆さんとともに、にぎやかに開催することができて良かった。住民同士の交流を大切にしながら、今後も継続していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞