上郷出身の岡島さん世界へ アルティメットで日本代表

スポーツ

[ 2018年 1月 5日 金曜日 16時21分 ]

大学選手権でMVPに輝いた岡島さん

 フライングディスクを使ったチーム制対戦競技のニュースポーツ「アルティメット」のU―24世界大会に飯田市上郷出身の岡島憧(しょう)さん(22)=中京大学4年=が日本代表として出場する。7~13日にオーストラリアのパースで開かれる。岡島さんは「日本悲願の初優勝を目指したい」と話している。

 アルティメットはアメリカンフットボールとバスケットボールを組み合わせた様な競技で、7人ずつに分かれてフライングディスクを投げ、パスをつないでエンドゾーンを目指し、ゾーン内でキャッチした得点を競う。

 ディスクを落としたり、妨害キャッチで相手の得点を阻めるものの、タックルなどで相手の体に触れることができない。審判がおらず、自己ジャッジすることも特徴だ。

 飯田高校野球班の元主将を務めるなどスポーツが得意な岡島さんは、1年次に同大のチーム「フリッパーズ」に入部。チームメートと技を磨いてきた。

 同大が9年ぶり3回目の優勝を決めた9月の全日本大学選手権大会(会場=駒沢オリンピック公園)では、得点や得点につながるアシストを重ねて大会MVP(最優秀選手)を獲得。初めてU―24(23歳以下)男子チームの日本代表に選ばれ、7日からの世界大会に臨む。

 アルティメットの魅力について岡島さんは「あまりメジャーではない競技だが、その分発展途上。自分たちで練習内容を考えたり、試合をすることによって仲間と共に成長することができる」と話す。

 迫る世界大会に向けて「前回大会は3位だった。U―24男子として初優勝し、金メダルを日本に持ち帰りたい」と述べ、世界一を目指す決意を新たにしている。

 中学校や高校の体育教師になることが夢。アルティメットを広く普及させたいとの願いも持ち、「自分の経験を通して少しでも多くの子ども達にアルティメットを知ってもらい、若い世代から日本のアルティメット界を盛り上げていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

五輪メダルの製作に 松川町も来月から協力

1月20日土曜日14:27

ザザムシ食べまいか かわらんべで調理体験

1月20日土曜日14:45

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号