下久堅で自転車選手とふれあいの会

スポーツ

[ 2015年 5月 21日 木曜日 8時10分 ]

 飯田市下久堅を舞台に行われる国際自転車レース「ツアー・オブ・ジャパン」の南信州ステージ前日の20日、「自転車選手とのふれあいの会」が下久堅小学校(曽根原弘校長、児童164人)で開かれた。大会出場とプロを目指し、飯田を拠点に練習を重ねるチームボンシャンスの選手ら関係者から、自転車競技の魅力を全校で聞いた。

 地元開催される大会をよく理解し、関心をより高めた上で通算10回目の南信州ステージを観戦しようと開催。3選手とチームマネージャーの鈴木道郎さんを招いた。

 鈴木さんはチーム内には役割があり、エースに水分やゼリー状の食事を渡したり、風除けの役目を果たす選手がいること、欧米では野球より人気があることなどを分かりやすく説明し、「沿道の応援があると頑張れる。特に子どもの声援は力になる」と話した。

 選手との触れ合いの時間には、車体に触れて軽さを実感したり、「パンクしたらどうするの」などと質問を重ねた。4年生男子児童の一人は「レース中に飲んだり食べたりできることがすごいと思う」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞