下伊那西部 スキーシーズン幕開け

スポーツ

[ 2011年 12月 17日 土曜日 13時28分 ]

 下伊那西部のスキー場が、16日の治部坂高原(阿智村浪合)を皮切りに冬営業を始め、県内外から訪れたスキーヤー、スノーボーダーが初滑りを楽しんでいる。

 冬型の気圧配置が強まり、寒い一日となった16日、治部坂高原スキー場周辺は朝から雪模様。中京圏や浜松方面、地元などから多くの若者や中高年が集まり、雪の感触を確かめるようにして滑っていた。

 飯田市から仲間と訪れた男性は、この日が初滑り。「滑りに行くのは木祖村のやぶはら高原がメーンだけど地元もよく来る。近くて道に雪がなく、温泉に入れるのがいい」と話していた。

 この日はリフトを無料としたほか、豚汁も振舞った治部坂観光の伊藤義寛社長は「今晩から冷え込み、降雪も期待できるので一気に雪を作る。安全も確保して、多くの人に訪れてもらえるシーズンにしたい」と話していた。

 ヘブンスそのはらは17日、あららぎ高原と平谷高原は23日のオープンを予定。阿智村内の3スキー場は19歳のリフト代を無料にする「雪マジ!19」に参加している。(ヘブンスは全日、あららぎはナイター、治部坂は平日)。

 平谷は小学生未満のリフト代を無料にし、中学生にも子ども料金を適用するほか、初心者、ファミリー層に加え、練習に適した穴場としての魅力をアピールしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞