下伊那西部のスキー場が営業開始

スポーツ

[ 2012年 12月 16日 日曜日 18時17分 ]

 下伊那西部地域で、15日の治部坂高原(阿智村浪合)を皮切りにスキー場の冬営業が始まり、県内外から訪れたスキーヤー、スノーボーダーが初滑りを楽しんでいる。

 今冬は例年より早くまとまった雪が降り、治部坂のゲレンデは約40センチの天然雪に恵まれた。連日マイナス10度以下の冷え込みも続いたため、人口雪作りも順調に進んだという。

 この日の午前中は小雨が降ったものの、リフト券が無料とあって午前11時までに東海地方や地元から300人以上の親子や若者、中高年が来場し、雪の感触を確かめるようにスキーやスノーボードを楽しんでいた。

 2、3年前から同ゲレンデを訪れるようになったスキー歴25年の男性(45)=名古屋市=は、家族5人で来場。「自分と妻にはゲレンデの距離が物足りないが、子どもにスキーを教えるにはこのくらいがちょうどいい」と話していた。

 急斜面のある第2ゲレンデは来週から滑走可能にできそう。ゲレンデを管理する治部坂観光の伊藤義寛社長(69)は「長期予報通りの寒波が来て、久々に雪が豊富な状態でオープンできた」と笑顔だった。

 あららぎ高原は21日、平谷高原とヘブンスそのはらスノーワールドは22日のオープンを予定している。阿智村内のスキー場は飯田下伊那と上伊那の小中学生に無料シーズン券を発行中。一般向けの共通のシーズン券は今冬も販売する。問い合わせは各スキー場へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞