中部電力飯田営業所でパラ五輪出場する吉川さんの壮行会開く

スポーツ

[ 2010年 3月 3日 水曜日 10時35分 ]

 12日に開幕するバンクーバー・パラリンピックを前に、アイススレッジホッケーに出場する吉川守さん(40)=飯田市三日市場=が勤務する中部電力飯田営業所で1日、壮行会が開かれ、同僚ら43人が激励した。

 吉川さんは2007(平成19)年3月から、同営業所料金課の検針員として勤務する。料金課の同僚たちが激励のメッセージを添えた国旗と激励金を贈り、同課の大場泰司課長は「力を出し切り、できればメダルを持ち帰ってください」とエール。吉川さんは「みんなの声援が力になります。良い結果を報告できるようがんばります」と決意を述べた。

 吉川さんは、県内8人を含む日本代表15人に選ばれた。長野、ソルトレーク、トリノに続き4大会連続。長野4位、ソルトレーク6位、トリノ5位といずれもメダルをあと一歩のところで逃しており、吉川さんは「今度こそメダルをとる。もちろん金メダルです」と意欲を見せた。

 代表チームは6日に現地へ出発。8カ国で競う大会で初のメダル獲得を目指す。

  

関連の注目記事

powered by weblio