伊賀良ラグビースクールが全国大会へ

スポーツ

[ 2016年 12月 24日 土曜日 13時19分 ]

全国大会出場を決めた伊賀良ラグビースクールの選手ら

 飯田市の伊賀良ラグビースクール(今牧英明代表)が、来年2月25、26日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開かれる「第9回ヒーローズカップ」(NPO法人ヒーローズ主催)の全国大会(決勝大会)に出場する。3年連続で挑んだ関東大会で悲願だったブロック優勝を果たし、初の全国切符。「全国一」を目標に掲げて備えている。

 

 大会は9人制のミニラグビーで、関東大会には48チームが参加。6つのブロックに分かれ、それぞれ優勝を競った。

 

 小学5、6年生の男女21人で構成する伊賀良は西東京(東京)、葛飾(同)を大差で圧倒し、決勝の茅ケ崎(神奈川)も45―10で破った。

 

 走力のあるSO関口流瑞君やFB筒井晴太郎君を中心に、素早いフットワークと細かいパス回しで何度も突破。守っても一人一人が厚くカバーに入り、相手の反撃を止めた。

 

 全国大会は関西や関東、東北など各地区大会を勝ち抜いた計20チームが出場する予定。伊賀良小6年の上原武人主将は「全国で勝つのは難しいと思うけど優勝を目指したい」と意気込みを語った。

 

 Aブロックは鎌倉(神奈川)、Bブロックはブレイブルーパス府中(東京)、Cブロックはワセダクラブ(同)、Eブロックは横浜(神奈川)、Fブロックは世田谷区(東京)がそれぞれ優勝した。

 

 伊賀良ラグビースクールは1992(平成4)年に創設した。市内外の園児から小学6年生まで約50人が所属、伊賀良小学校のグラウンドなどで日々練習する。

 

 コーチの横田勝さん(41)は「もう一度基本に返ってディフェンスを強化する。持ち味のスピードを生かし、まずは1勝です」と話した。

 

 ▽関東大会Dブロック1回戦

 伊賀良45―5西東京

 

 ▽同準決勝

 伊賀良35―15葛飾

 

 ▽同決勝

 伊賀良45―10茅ケ崎

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号