全国高校ラグビー  飯田、13年ぶり初戦突破

スポーツ

[ 2011年 12月 29日 木曜日 13時54分 ]

飯田高ラグビー勝利 第91回全国高校ラグビー大会(日本ラグビー協会など主催)2日目は28日、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で1回戦の残り8試合を行い、2年ぶり7度目出場の飯田が20―18で高鍋(宮崎)に逆転勝ちし初戦を突破した。

 

 飯田の2回戦進出は、1998(平成10)年の第78回大会以来13年ぶり。県勢にとっては、前回の岡谷工に続き2年連続。

 

 両校ともジャージーが緑と白の横じまのため、セカンドジャージーを着用し対戦。飯田は赤を基調に、両脇に緑の縦ラインが入ったセカンドジャージーで臨んだ。

 

 飯田は最終盤に再逆転すると相手の反撃を振り切り、念願だった勝利をたぐり寄せた。

 

 開始早々に先制点を許したが、前半11分に追撃のトライ。2点差で前半を折り返すと一進一退で、ペナルティーキックなどで互いに点を取り合った。試合を決めたのは後半19分、相手ゴール前でFW陣がサイド攻撃を仕掛け、最後は、密集からボールを受け取ったフランカーがそのままゴールラインの向こうへと飛び込んだ。

 

 「過去の長野県のチームの中で、FWが最もボールを動かせるチーム」と湯沢一道監督が自負する飯田は、平均体重で上回るFW戦で圧倒。序盤からボールを支配すると素早いパスワークで相手の守備隊形を崩し、密集戦でゴールラインを割った。

 

 ボールを動かすことにこだわったという飯田。センターが中央寄りから防御網を引きちぎって大きくゲインするなど、この日はバックス陣も得点に絡んだ。
 主将は涙をぬぐい「がんばってきて本当によかったです」と素直に喜んだ。

 

 湯沢監督は就任7年目で、花園出場は3回目。88回大会は3―45で京都成章に、89回大会は5―51で尾道にともに敗れ、ようやくつかんだ勝利に「花園で勝つのは難しい」と安堵の様子。同校13年ぶりの勝利には「一生懸命にやってきた選手たちへのごほうびです」と控えめに喜んだ。

 

 ただ、ゲームを支配した一方、トライ数は3本。湯沢監督は「試合内容を考えると5、6本は取れたと思う」と指摘。接点での反則とハンドリングミスを反省点とし、2回戦に向けては「しっかり修正し、次はチャレンジャーのつもりで挑む」と話した。

 

 高鍋は2年ぶり19度目の花園。FWの平均体重は77・8キロ。FW戦で劣るため、FBが精度の高いキックでゲームをコントロールし、グラウンドを広く使ったオーソドックスなランニングラグビーを展開したが、及ばなかった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

五輪メダルの製作に 松川町も来月から協力

1月20日土曜日14:27

ザザムシ食べまいか かわらんべで調理体験

1月20日土曜日14:45

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号