飯伊の勤労者がソフトバレーで交流

スポーツ

[ 2011年 6月 29日 水曜日 15時47分 ]

飯田地区労働者福祉協議会(塚平裕会長)の第5回飯伊勤労者交流ソフトバレーボール大会は26日、飯田市鼎中平の鼎体育館で開かれ、参加した39チーム、約270人が優勝を目指すとともに交流を深めた。

 連合長野飯田地協や飯伊地区勤労者協連などで構成する同協議会。飯田下伊那地域で働く人たちがソフトバレーを通じて世代や年代の枠を超えて交流を深め、同時に楽しく汗を流すことで健康増進、体力づくりにつなげることが目的。年々参加チーム数が増加している。

 1チームのプレーヤーは4人。競技性を重視するAグループと交流希望のBグループに分かれ、それぞれで予選リーグを展開し後、Aの下位とBの上位を入れ替えた後に決勝リーグを行い、総合順位を決定した。塚平会長は「参加チームの裾野も広がりをみせ、だれでも参加できる大会として発展していけば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞