南信スバル自転車チームが山岳トレ

スポーツ

[ 2015年 6月 17日 水曜日 8時35分 ]

スバル自転車しらびそ練習 ことし3月に飯田市内に活動拠点を設けた、全日本実業団自転車競技連盟加盟の自転車チーム「ニールプライド・ナンシンスバルサイクリングチーム」のメンバーらが13日、トレーニングで下栗の里やしらびそ高原を訪れた。

 

 この日は、飯田ケーブルテレビの取材撮影を兼ねたトレーニング。市内で生活する同チームのフランス人選手4人と、ユースの選手(16)が参加した。

 

 上村自治振興センターを出発した選手らは、下栗の里までノンストップで走破。全員下栗やしらびそを走るのは初めてというものの、力強い走りで急坂を駆け上った。ユースの選手は「きついとは聞いていたが、想像以上にきつかった」と苦笑い。それでも「フランスの選手たちは坂道でもグイグイと加速していきすごい。勉強になった」と喜んだ。

 

 フォレスト・ステファン監督(フランス)は「富士での大会を控えているので、山岳コースの良いトレーニングになった。みんな初めて来たので、景色なども楽しむことができ良かった」と話していた。

 

 ことしから南信スバル(飯田市上郷別府)がメーンスポンサーとなった同チームは、3月にチーム運営のための法人「インタープロ・シクリズム」を飯田市内に設立。チームに在籍するフランス人選手4人が市内に居を構え練習を行い、大会に備えている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号