南信州高森ベースボールクラブが発足 少年野球の力を結集

スポーツ

[ 2015年 3月 30日 月曜日 12時01分 ]

 高森町の小学生を対象にした「南信州高森ベースボールクラブ」(寺沢憲治会長)が、本年度発足した。町内に2つあった少年野球チームを一本化。4月5日から活動をスタートさせ、同クラブ名で大会にも出場していく。

 これまでは学校単位の町スポーツ少年団南野球と北野球に分かれて活動してきたが、クラブ員の減少に伴い統合することにした。

 対象は小1~6年で、現在61人が所属。試合で着用するユニホームは、長年親交のある明大野球部をイメージさせる従来のものを使う。週末の練習は4年、5年、6年と低学年の4部門に分かれて指導に当たる。

 活動計画によると、本年度は5月の喬木大会、7月の高野山大会(和歌山県)などへの出場を予定し、8月には夏キャンプで町内を訪れる明大との交流もある。顧問を務める熊谷元尋町長は「高森は島岡御大の生誕の地ということもあって、野球熱は比較的高い。野球人口は減る中ではあるが、形を変えながら続けてほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞