南信州高森ベースボールクラブが発足 少年野球の力を結集

スポーツ

[ 2015年 3月 30日 月曜日 12時01分 ]

 高森町の小学生を対象にした「南信州高森ベースボールクラブ」(寺沢憲治会長)が、本年度発足した。町内に2つあった少年野球チームを一本化。4月5日から活動をスタートさせ、同クラブ名で大会にも出場していく。

 これまでは学校単位の町スポーツ少年団南野球と北野球に分かれて活動してきたが、クラブ員の減少に伴い統合することにした。

 対象は小1~6年で、現在61人が所属。試合で着用するユニホームは、長年親交のある明大野球部をイメージさせる従来のものを使う。週末の練習は4年、5年、6年と低学年の4部門に分かれて指導に当たる。

 活動計画によると、本年度は5月の喬木大会、7月の高野山大会(和歌山県)などへの出場を予定し、8月には夏キャンプで町内を訪れる明大との交流もある。顧問を務める熊谷元尋町長は「高森は島岡御大の生誕の地ということもあって、野球熱は比較的高い。野球人口は減る中ではあるが、形を変えながら続けてほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞