南信州Jrラグビースクール準優勝

スポーツ

[ 2016年 9月 20日 火曜日 15時34分 ]

001ラグビー

 水戸市で開かれた第7回全国中学生ラグビー大会ラグビースクールの部(17~19日)で、NPO法人南信州クラブ(飯田市)の「南信州Jrラグビースクール」(関東1位)は決勝へ進み、準優勝に輝いた。決勝は筑紫ラグビークラブジュニアスクール(九州1位、福岡県)に15―19で敗れたが、チームにとってはうれしい準優勝で、関係者は選手たちの健闘をたたえた。

 大会は関東、関西、九州の各予選を勝ち抜いた8チームが参加。トーナメント方式で頂点を競った。

 南信州は1回戦で芦屋ラグビースクール(関西2位、兵庫県)を22―7で下し、準決勝は吹田ラグビースクール(同3位、大阪府)を14―5で破った。決勝の筑紫戦は、前半を5―12で折り返し、後半早々北條拓郎選手のトライで2点差に。その後リードを広げられ、22分に久保田理大選手のトライで4点差としたものの振り切られた。

 目標に掲げた「全国制覇」にはあと一歩届かなかった。監督の下平正さんは序盤の守りのミスを指摘し「勝てる要素があっただけに悔しい」としたが、選手たちのひた向きなプレーには「よく頑張った」とねぎらった。

 大会を通じて接点での激しさが光り、相手を苦しめた。下平監督は「磨き上げたディフェンス力は今後の自信になると思う。3年生は次のステージに進むことになるが、経験を糧に、取れなかった頂点を目指してほしい」と話した。

 初出場した一昨年の第5回全国大会は7位だった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞