喬木村が「チャレンジデー」に10年連続参加

スポーツ

[ 2011年 5月 26日 木曜日 9時41分 ]

 喬木村は25日、1日15分以上の運動をした住民の人口に占める割合を競う笹川スポーツ財団(東京)主催「チャレンジデー」に参加した。10年連続の参加で、県内では唯一。

 同村を含む全国103の自治体・地域で一斉に実施された。昨年までは参加者の人口に占める割合を競ってきたが、今回は東日本大震災に伴い参加できない自治体が出てきたことから対戦形式は取りやめた。

 同村では早朝のラジオ体操に始まり、健康ウオーキング、ゲートボール、マレットゴルフ、ミニサッカー、バドミントン、ソフトバレーボール紅白試合など各地で実践。午後9時まで続き、多くの住民が用意したさまざまなスポーツで心地よい汗を流した。

 うち阿島のAコープたかぎ店駐車場では、ニュースポーツと体力測定ができるテントを特設。買い物ついでの親子連れらが気軽に立ち寄り、体力や年齢に応じて体を動かしていた。

 同村のテーマは「元気出せ日本~喬木から1日15分の健康運動で被災地へ元気エールを届けよう」。住民参加率85%以上を目標に掲げる一方、被災地へのメッセージを参加者に呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞