喬木村が「チャレンジデー」に10年連続参加

スポーツ

[ 2011年 5月 26日 木曜日 9時41分 ]

 喬木村は25日、1日15分以上の運動をした住民の人口に占める割合を競う笹川スポーツ財団(東京)主催「チャレンジデー」に参加した。10年連続の参加で、県内では唯一。

 同村を含む全国103の自治体・地域で一斉に実施された。昨年までは参加者の人口に占める割合を競ってきたが、今回は東日本大震災に伴い参加できない自治体が出てきたことから対戦形式は取りやめた。

 同村では早朝のラジオ体操に始まり、健康ウオーキング、ゲートボール、マレットゴルフ、ミニサッカー、バドミントン、ソフトバレーボール紅白試合など各地で実践。午後9時まで続き、多くの住民が用意したさまざまなスポーツで心地よい汗を流した。

 うち阿島のAコープたかぎ店駐車場では、ニュースポーツと体力測定ができるテントを特設。買い物ついでの親子連れらが気軽に立ち寄り、体力や年齢に応じて体を動かしていた。

 同村のテーマは「元気出せ日本~喬木から1日15分の健康運動で被災地へ元気エールを届けよう」。住民参加率85%以上を目標に掲げる一方、被災地へのメッセージを参加者に呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞