喬木村がチャレンジデーに参加

スポーツ

[ 2012年 5月 31日 木曜日 9時39分 ]

 喬木村は30日、1日15分以上の運動をした住民の人口に占める割合を競う笹川スポーツ財団(東京)主催「チャレンジデー」に参加した。参加は11年連続で、県内では唯一。

 全国の自治体や地域で一斉に実施された。

 同村の対戦相手は5回目の参加となる北海道標津町。村は「元気アップ 1日15分の健康運動」をテーマに掲げ、住民参加率80%以上を目標にした。

 早朝のラジオ体操や健康ウオーキングを皮切りにゲートボール、マレットゴルフ、サッカー、バドミントン、ソフトバレーボールなどを村内各地で実践。午後9時まで続き、多くの住民が用意したさまざまなスポーツで心地よい汗を流した。

 阿島のAコープたかぎ店駐車場では、ニュースポーツと体力測定ができるテントを特設。買い物ついでの親子連れやお年寄りが気軽に立ち寄り、体力や年齢に応じて体を動かしていた。

 通算成績は7勝6敗。昨年の参加率は74・5%。昨年は東日本大震災の発生を受け、他町村と参加率を競う対戦方式はとらなかった。

 実行委員で公民館長の市瀬悦孝さんは「ラジオ体操に子どもからお年寄りまで参加する姿もみられ、村内でチャレンジデーが定着しているようだ」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞