喬木村が15年連続チャレンジデー 参加率競い2年ぶり勝利

スポーツ

[ 2016年 5月 26日 木曜日 16時22分 ]

 喬木村は25日、1日15分以上の運動をした住民の人口に占める割合を競う笹川スポーツ財団(東京)主催「チャレンジデー」に15年連続で参加した。

 県内の喬木村、南相木村、東御市、小海町の4市村を含む全国128自治体(68市、47町、13村)が参加した。

 喬木村は本別町(北海道)と対戦した。参加率の「70%以上」を目標に、ラジオ体操、ゲートボール、マレットゴルフ、健康大極拳教室、親子ストレッチ、体操教室など午前6時から午後9時にかけて展開。村はイベントに合わせて運動公園テニスコートを無料開放するなど、積極的な参加を呼び掛けた。

 中央社会体育館では小学生を対象にしたスポーツ広場(たかぎスポーツクラブ主催)があり、子どもたちはドッジボールやおにごっこを通じて汗を流していた。男子児童の一人(8)は「勝つことができた」とうれしそうに額の汗をぬぐった。

 喬木の参加率は65%。本別町の58・2%を上回り、2年ぶりの勝利となった。通算成績は12勝7敗。負けた自治体は相手の自治体の旗を庁舎のメインポールに1週間掲揚するのが決まりとあって、本別町は26日、庁舎に喬木の村旗を掲げた。

 チャレンジデーは、参加自治体のうち人口規模がほぼ同じ自治体同士で対戦が組まれる。15分以上継続して運動した人からリポートを送ってもらい、その数の人口比でそろえて多寡を競う。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34