喬木村で夜間ソフトボール開幕

スポーツ

[ 2015年 4月 20日 月曜日 8時06分 ]

 喬木村夜間ソフトボール連盟(池田英幸会長)は18日夜、今季リーグ戦の開幕を告げる開会式を村総合運動場で開き、選手約250人が参加した。

 39歳以上を対象にした地区別対抗の夜間ソフトボール大会で41回目。1チーム減の17チームが登録し、この日の開会式は、10~30代の若い世代でつくる「ヤングチーム」の3チームも参加した。

 前年度優勝の帰牛原すきで~ズを先頭に入場行進し、池田会長や市瀬直史村長らが選手を激励。優勝旗返還に続き、帰牛原すきで~ズの選手(46)が全力で戦うことを誓った。

 開会式後には審判講習会を開き、基本動作を再確認し試合に備えた。

 リーグ戦は24日から始まり、9月中旬にかけて総当たり戦を繰り広げる。

 池田会長は、ヤングチームが前年度の6チームから3チームに減ったことに触れ「若い人にも長く続けてもらえるような方策を考えていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞