売木村のマラソン合宿が本格化

スポーツ

[ 2014年 7月 31日 木曜日 9時50分 ]

売木ランナー合宿激励 夏を迎え、売木村のマラソン合宿が本格化してきた。週末には県内外から多くの市民ランナーやクラブ、大学、高校の陸上部が同村に入り、朝晩の涼しい気候で体をリフレッシュしながらトレーニングや観光を楽しんでいる。

 

 26、27日の週末には愛知県方面を中心に50人以上がマラソン合宿を実施。同村の清水秀樹村長は訪れる団体の宿泊施設などを回る歓迎のあいさつに追われた。20人で訪れた愛知県大府市の市民ランナーのクラブには「昨年は大府市のシティマラソンで交流を深めることができた。今後も継続して村に訪れてもらいたい」と述べ、同クラブの深谷耕一会長は「村の活性化になればうれしい。他の仲間も紹介していきたい」と話した。

 

 陸上選手として合宿誘致に取り組む売木村地域おこし協力隊の重見高好さんによると、4月から9月までに延べ1400人余が村に入り、自然を満喫しながら練習に励むという。ことしは女性ばかり約50人のクラブも訪れるなど昨年比で倍以上の予約数に。8月5日にはウオーキング触れ合い交流会も企画して合宿を盛り上げる。

 

 さまざまな大会で活躍する重見さんからレッスンを受けられることも人気の1つで、「他の場所もマラソン合宿誘致に力を入れており、おもてなしでリピーターを増やすことが今後の課題」と重見さん。清水村長も「多くの人が来てくれることで村が活気付く。交流の輪を広げていきたい」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号