夏大会で花咲かせて 文字鶴に願い込め 飯田風越高野球部

スポーツ

[ 2017年 7月 4日 火曜日 15時42分 ]

保護者会とマネージャーが作った文字鶴と千羽鶴

 全国高校野球選手権長野大会に向けた飯田風越高校野球部の激励会がこのほど、飯田市内で開かれた。保護者会とマネージャーは「試合で花を咲かせてほしい」という願いを込めた文字鶴と千羽鶴を贈り、活躍に期待した。

 大量の折鶴を使った文字鶴のデザインは、校章と「咲」の一文字を組み合わせたもの。「つぼみから成長した選手たちの笑顔がグラウンドで咲くように」(マネージャーの鈴木千帆さん)との願いを込めた。

 千羽鶴は2本作り、フェルト地のユニホームとグローブもあしらった。文字鶴、千羽鶴ともに黒、赤、黄の風越野球部カラーを基調にした。

 保護者会長の松沢剛さん(46)は「最後は一つにまとまってグラウンドで花を咲かせ、集大成を見せてほしい」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)