大鹿でキッズ運動遊びどこでもゼミナール

スポーツ

[ 2011年 6月 6日 月曜日 10時48分 ]

 遊びと運動を結びつけ子どもの体力向上につなげる県教育委員会主催「キッズ運動遊びどこでもゼミナール」が4日、大鹿村の大鹿小学校体育館で開かれた。

 県教委が進める子どもの体力向上事業の一環。小中学校の教員や保護者、地域の体育指導委員らを対象に、昨年度から県内各地で展開している。

 本年度は大鹿小を皮切りに始まり、全校児童50人のほか村内外の体育指導員ら約100人が参加。渡辺敏明・信大教育学部准教授が楽しみながら体を動かせる方法や、縄跳びや新聞紙など身近なものを利用した遊びを次々に紹介した。

 3人が協力し体でじゃんけんのグー、チョキ、パーを表現する遊びでは、勝った子どもたちは「やったー」と大はしゃぎ。跳ねたり走ったりと、体全体を使って気持ちよさそうに汗を流していた。

 教職員や体育指導委員らも一緒になって汗を流し、またゼミナールを通して児童期における運動遊びの重要性を学んだ。

 渡辺准教授は「おもしろさを実感し広めてほしい」と話した。

 主催者によると、本年度は大鹿小を含む県内8カ所で開かれる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22

コロナ対策 検査キット2万4000セット無料配布へ

7月28日水曜日15:38

リニア残土運搬新案に松川町「具体的な安全対策を」

7月27日火曜日15:25








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞