天竜川ホワイトウオーターフェス開く

スポーツ

[ 2014年 9月 24日 水曜日 9時24分 ]

 大学の探検部員、OBなどのラフティング愛好者が川下りのレースを繰り広げる第18回天竜川ホワイトウオーターフェスティバル(同実行委員会主催)が20、21の両日、松川町―飯田市間の天竜川で開かれた。全国から41チーム252人が集まり、白い水しぶきを上げながらゴールを目指した。

 20日は障害物レースのファンスラロームを松川町宮ケ瀬橋―座光寺河川敷グラウンド間の約13キロで行ったほか、本部を設けた飯田市座光寺の河川敷グラウンドでは、出場者による野外料理コンテストもあった。

 21日はタイムを競うダウンリバーレースを、座光寺河川敷―かわらんBAY間の約12キロで展開。男女が掛け声を発しながらオールを漕いだ。

 11艇が出場した4人乗りラフトボート部門では、10月8~19日にブラジルで開かれる世界選手権に出場するプロ集団「チーム・テイケイ」が2位以下に大きく差を付けて優勝した。

 大会委員長の今牧嗣昌さんは「回数を重ねる中で国内最大規模の大会として認知されるようになり、ありがたく思う。世界選手権前の国内最終レースとあって、出場者は気合が入っていた。今後も大会を通して地元に貢献したい」と話していた。

 実行委員会は、大会の魅力を伝える写真コンクールの作品を募集している。締め切りは10月10日。詳細問い合わせは市観光課エコツーリズム係(電話0265・22・4851)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

11月29日は飯田焼肉の日

10月29日木曜日15:26

「村づくりの目途ついた」

10月29日木曜日15:03

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞