天龍中学校でプール開き

スポーツ

[ 2017年 5月 2日 火曜日 15時50分 ]

001tenryutyu

 飯田下伊那に初夏の訪れを告げる風物詩、天龍村立天龍中学校(酒井健次校長、全校14人)のプール開きが2日、県内中学校のトップを切って行われた。かつて「水泳天龍」の名をとどろかせた同校水泳部員と3年生有志の計5人が水しぶきを上げて本年度の初泳ぎを楽しんだ。

 県南端に位置し、最も早く気温が上昇する同村。平岡地区にある同中は毎年この時期、他校に先駆けてプール開きを行い、新年度の部活動や水泳学習をスタートさせる。

 青空が広がったこの日、正午の気温は20度、プールの水温も19・5度まで上昇した。シーズン中の安全を祈願した後、プールに寄せる思いを生徒会長の男澤夏帆さん(14)が「プールには楽しい面と危険な面があり気を付けたい。水泳参観日に向けて頑張りたい」と語ると、唯一の水泳部員で部長の後藤信之介さん(14)は「時間も残りわずか。有効に使い、ベストを尽くしたい」と誓いの言葉を述べ、3年女子4人とともに教諭の合図で泳ぎ初めした。

 屋外プールを長期間利用できるという地の利を生かして活躍し、かつて県内全域にその名を知らしめた同校水泳部。屋内プールの普及や部員数の減少に伴い、2012年に部員がいなくなり一時休部した。13年に後藤さんの兄、龍之介さんが新入生で入部して復活し、兄の思いを受け継いだ後藤さんが練習に励んでいる。

 一方、この日までに部員は後藤さん1人だけで、学校によると部員が1人もいなくなれば、来年のこの時期のプール開きはやめることも検討しており、後藤さんは「部員の勧誘もしていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞