小学生タグラグビー県予選会で伊賀良がV

スポーツ

[ 2012年 12月 29日 土曜日 17時40分 ]

タグラグビー大会へ 伊賀良ラグビースクール(飯田市)の児童でつくる「伊賀良タグゲット」の2チームが、安曇野市でこのほど開かれた「第9回全国小学生タグラグビー選手権」の県予選会で1、2位を独占した。優勝は8年連続。来年1月20日に山梨県で開かれる南関東大会へ出場する。

 

 11チームが参加した県予選会はトーナメント方式で頂点を競い、伊賀良タグゲットの5、6年生でつくるAチームが優勝、4、5年生のBチームが準優勝した。

 

 南関東大会は山梨、長野、神奈川の3県から計6チームが出場。全国大会(2月23、24日・秩父宮ラグビー場など)に出場する1チームを決める。

 

 南関東大会に向けて練習を重ねており、28日夜は中学生を相手に攻守の連携を確認。強豪とされる神奈川を想定したディフェンスにも力を入れた。Aチームキャプテン(12)は「自分たちにできることをしっかりやって全国に行く」と意気込み、コーチ(44)は「気持ちで負けないようプレーしてもらいたい」とエールを送る。

 

 タグラグビーは、ラグビー同様にトライして得点するが、タックルや直接ボールを奪い合うことはない。腰にぶら下げたタグを取られると、3歩以内に味方へパス。トライできないうちにタグを4回取られたら、攻守が逆転する。5人制。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号