小学生フロアホッケー交流会開く

スポーツ

[ 2011年 1月 18日 火曜日 9時13分 ]

 スペシャルオリンピックス日本・長野いいだプログラム(運営委員代表・宮下智明星学園長)の小学生フロアホッケー交流会が15日、喬木村の県飯田養護学校体育館で開かれた。アスリートの知的障害者20人と阿南町大下条小学校4年生17人が参加し、親交を深めた。

 スペシャルオリンピックス(SO)は知的障害者の社会参加を支援するため、1968年設立された国際的スポーツ組織。SOのスポーツプログラムや競技会に参加する知的障害者をアスリートと呼び、彼らの健康増進と地域社会との交流の機会を提供している。

 いいだプログラムでの小学生との交流事業は2回目。地元4施設のアスリートと小学生、飯田女子短期大学と阿南高校の学生ボランティアやスタッフが参加し、ともに汗を流した。

 大下条小4年生のクラスでは担任である柳澤征之教諭の提案から、障害者の生活を学ぶため総合の授業の一環として、SOの競技の一つであるフロアホッケーを学習。いいだプログラムに参加している阿南高校ボランティア部の生徒から競技の指導を受け、2学期から練習を行ってきた。

 はじめにSOの活動を紹介するDVDを鑑賞した後、パスやシュートの練習を行った。次にアスリートと小学生、ボランティアの混合チームで試合を開催。会場を訪れた児童の保護者やチームメイトから声援が飛び、パックを奪ったプレイヤーのシュートが決まると大きな歓声が上がった。

 結果は引き分けに終わり、全員でハイタッチ。宮下代表は「次の(交流の)機会があれば。今日はありがとうございました」と小学生に語った。最後にアスリートから小学生に、記念品のTシャツとミサンガが手渡された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞