少年野球飯伊選手権 「猛暑日」の下はつらつ、8強決まる

スポーツ

[ 2010年 7月 27日 火曜日 15時06分 ]

 飯田下伊那地方を対象にした第39回飯伊少年野球選手権大会(飯田早起き野球連盟、飯田青年会議所など実行委員会主催、南信州新聞社など後援)が25日、飯田市三日市場の県営飯田球場で開幕し、子どもたちは夏空の下、汗を流しながら白球を追った。8強が出そろい、8月1日に同球場などで行う決勝大会で優勝チームが決まる。

 飯伊最大規模の少年野球大会で、32チームが参加した。

 開会式では、伊賀良小学校金管バンドの演奏に合わせ元気よく入場行進した。大会長の原芳男・飯田早起き野球連盟会長らの激励に続き、上片桐少年野球クラブの荒井瑛滋主将(6年)が全力で戦うことを誓った。

 最高気温が35度以上の「猛暑日」となり、選手たちはこまめに水分を補給しながらプレーした。暑さを吹き飛ばすように、汗をぬぐいながら打ったり、守ったり。得点が入るたびにベンチは盛り上がり、応援席では保護者らの「がんばれー」「かっとばせー」の声が盛んに飛んでいた。

 予定通り2回戦までを終え橋南、下條、切石、三穂、智里、伊賀良、喬木第一、下久堅の8チームが勝ち残った。

 また入場行進では、工夫を凝らしたプラカードで臨んだ下久堅、喬木第一、山本、橋南の4チームと、行進が整っていた下條が表彰された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43

特産「三紀層大根」種まき 2カ月後の収穫に思い馳せ 阿南町富草小

9月13日木曜日15:24

南部5町村の青年農業者が交流会

9月12日水曜日15:02