新ジャージは“市田柿色” ボンシャンス飯田が発表会

スポーツ

[ 2010年 3月 12日 金曜日 8時17分 ]

 飯田市に本拠を置く自転車のクラブチーム「かぶちゃん農園・ボンシャンス飯田」は10日、2010年シーズンのチーム体制と、新しいチームジャージを発表した。ロード部門は、トライアルに合格した3選手を迎えた9人で臨み、チームとしては11年のツアー・オブ・ジャパン参戦を目指す。

 同市川路の天竜川総合学習館かわらんべで発表会を開き、福島晋一代表らが新たな体制やレースのスケジュールを説明した。

 ロード部門の実業団チームは、伊藤隼人(22)=三重=、近藤良亮(21)=愛知=、水野貴行(19)=同=の3選手が加わり、9人で構成する。うち4人を3月中に本場のフランスに派遣。ほか5人は飯田を拠点に練習し、国内の実業団レースなどを転戦する。

 トラック部門も置き、所属する競輪選手ら5人がボンシャンスのジャージを着て大会に出場する。

 新ジャージは、新スポンサーとなったかぶちゃん農園の主力商品で、南信州特産の「市田柿」をイメージしたオレンジ色を基調にデザインした。同席した同社の鏑木武弥社長は「柿色のように鮮やかに、活躍してほしい」とエールを送った。

 また、地域の育成グループを主体に、地元出身の次世代選手を育てるユース・キッズ部門を発足することを発表。市の台湾プロジェクトの縁で、台湾観光協会がサブスポンサーに就いたことも報告した。

 福島代表は「2011年のTOJ参戦を目標に足場を固める年にしたい」と決意。昨年、ツール・ド・フランスに出場した新城幸也(フランスヴイグテレコム)を引き合いに、「飯田発、ツール・ド・フランス行きの片道列車で選手を育てたい」と語った。

 4月には天龍峡で、市民参加型の自転車レース「クリテリウム」の開催を計画している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞