新野千石平ロードレース、1000人余が高原駆ける

スポーツ

[ 2016年 6月 7日 火曜日 9時21分 ]

新野ロードレース 第15回新野千石平ロードレース大会(実行委員会主催、南信州新聞社など後援)が5日、阿南町新野地区一帯で開かれた。標高800メートルの高原に全国から1000人を超えるランナーが集まり、小雨の中で健脚を競い合った。

 新野地区の地域振興につなげようと始まった同大会。ことしも大会の企画・運営に地区住民が携わり、地区を挙げて大会を盛り上げた。

 レースは新野の学校グラウンドを発着点にした3、5、10キロの3コースで、小学生低学年から60歳以上まで年代や性別などに応じた25部門を設けた。

 このうち「必ずファミリー全員が手をつないでゴールする」ファミリーの部には、279人がエントリー。レース中も手を握って並走したり、父親が幼児を抱っこしながら力走したりといった微笑ましい光景が見られ、沿道から盛んな声援を受けていた。

 参加者と住民のふれあいも大会の魅力の一つで、ことしも豚汁とご飯を無料でサービス。新野産トマトを使ったトマトチキンカレーや地元の名物まんじゅうなどの販売もあった。上位の副賞として地元農産物が贈られ、喜ばれた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞