日本横断リレーマラソン、飯田観光協会が出迎え

スポーツ

[ 2010年 5月 7日 金曜日 12時24分 ]

 愛知県西尾市から新潟県糸魚川市まで350キロをメンバー11人がゴールデンウィークに合わせて3日間でタスキをつなぐ「日本横断リレーマラソン」に挑戦した一行がこのほど、飯田駅に到着。飯田観光協会からの依頼を受けた飯田観光案内所の職員と飯田観光ガイドの会の会員10人が法被姿で出迎えた。

 到着したのは、西尾市、碧南市、一色町、吉良町近郊のスポーツクラブに通うマラソン、駅伝、トライアスロンなどのクラブ仲間。日本横断リレーマラソンは「太平洋の吉良の塩を信州へ、日本海の塩を信州へ運んだ塩の道」をたどるコースで行っており、ことしで8回目。

 参加者は60代から20代までの男性11人で、初日は6人が仕事で参加できなかったため、メンバー5人で西尾市から飯田市まで138・5キロを走り継いだ。2日目に飯田市で5人が合流、3日目に大町市で1人が合流した。

 飯田駅に到着した「Team90」の代表を務める高橋好徳さん(60)=西尾市、農業=は「暗いうちに出発したが、天気が良くて南アルプスもよく見えた。12キロと10キロを走ったが、空気が乾燥しているので汗もそんなにかかず気持ち良く走れた」と感想を話した。

 同チームは健康づくりを目的に結成し、約20人の仲間が野尻湖トライアスロンや長野マラソンなどいろんなレースに出場している。遠山郷のマラニックや風越登山マラソンなどにも参加しているという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞