明大野球部、「御大」の出身地で技磨く 高森キャンプがスタート

スポーツ

[ 2016年 8月 5日 金曜日 16時44分 ]

綿半飯田野球場で練習する選手ら

 明治大学野球部は3日、1950年代から80年代にかけて「御大」として君臨した島岡吉郎元監督の古里・高森町で恒例の夏季キャンプをスタートさせた。1~4年生約60人が参加。11日までの期間中は町民研修センター森の家(山吹)に宿泊し、昼間は綿半飯田野球場(飯田市三日市場)で練習に汗を流している。

 明大野球部は1996(平成8)年から毎年、島岡元監督の出身地である高森町で夏季合宿を行っている。

 例年通り、島岡元監督の墓参りから始まった。墓前では静かに手を合わせ、東京六大学野球春季リーグ優勝を報告。善波達也監督は「御大の出身地で明治の血を濃くし、絆を深めて秋季リーグ戦に臨む」と気持ちを高めた。

 4日は綿半飯田野球場で練習を行い、通常の打撃や守備練習に加え特打、特守を盛り込んだりと夕方までみっちり。いずれも野球部OBで、大洋ホエールズで監督を務めた土井淳さん、阪急ブレーブスで活躍した住友平さん、巨人や阪神で4番を打った広沢克実さんらによる熱のこもった指導もあった。

 飯田市内にいるOBも後輩たちの練習を見守り、「レベルの高いプレーに触れる良い機会。地域の子どもたちも気軽に足を運んでもらえれば」と話した。この日は第98回全国高校野球選手権長野大会4強の小諸商の生徒や監督らが球場に駆け付けた。

 6日に中京大、9日に愛知学泉大とのオープン戦を予定。いずれも綿半飯田野球場で午後1時から。7日は小学生を対象にした野球教室を開く。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞