東京六大学野球「球宴」、18年夏に飯伊で開催へ

スポーツ

[ 2015年 12月 11日 金曜日 13時58分 ]

東京6大学k

 東京六大学野球で活躍する選手が勢ぞろいする「オールスターゲーム」の2018(平成30)年8月に計画されるゲームが、飯田下伊那で開催される見通しとなった。

 明大の夏合宿地として縁のある高森町が開催を要請していた。同町は、明大の名物監督として知られた故島岡吉郎さん(1911~89年)の出身地としても知られる。

 東京六大学野球連盟は開催地に内定し、細部を詰めている段階。会場は綿半飯田野球場(飯田市三日市場)を予定。熊谷元尋町長は「地域の野球人口は年々減る傾向にある。子どもたちが憧れの選手を間近にする機会になり、底辺拡大にもつながれば」と話した。

 同連盟は1925年に創設した。結成90周年記念祝賀会がこのほど東京都内で開かれ、熊谷町長も招かれた。

 会場には立教大のスター選手だった元巨人監督の長島茂雄氏ら球界著名人や現役部員を含む約1500人が集まった。

 トークショーでは、楽天の星野仙一球団副会長が島岡御大に触れ「島岡監督から人間力を教わった」と振り返る場面もあった。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号