東京国体の出場者壮行会開く

スポーツ

[ 2013年 9月 19日 木曜日 9時09分 ]

 9月28日から10月8日まで(一部会期前に)開催される「第68回国民体育大会(スポーツ祭東京 2013)」の出場者壮行会が13日、飯田市役所で開かれた。市や下伊那郡の関係者ら約100人が参加し、出場者に選ばれた選手や監督、スタッフを激励した。

 競技は11日間、東京都内各会場で繰り広げられる。飯田下伊那地域からは、12種目に選手30人と監督やコーチ、マネジャー、役員9人の計39人が出場する。

 市体育協会の土屋章尋代表理事は「飯伊から選手を送ることができるのは大きな喜び。県代表として活躍し、県民に夢と感動を与えてほしい。2020年には東京でオリンピックとパラリンピックが開かれる。今後もますます精進して活躍を」と激励。古田芙士県議と佐藤健副市長、林幸次市議会議長も祝辞を述べた。

 選手一人ひとりに花束と餞別(せんべつ)が贈られた後、選手の代表があいさつ。「地域の人たちに支えられてここまでこれた。長野県のために頑張り、恩返しをしたい」と意気込みを語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞