東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

スポーツ

[ 2018年 1月 19日 金曜日 15時22分 ]

五輪旗を手に入場する伊藤さん

 2020年東京五輪・パラリンピックをPRする「フラッグツアー」(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会主催)が19日、松川町の松川北小学校であった。五輪旗とパラリンピック旗が披露され、セレモニーに参加した全校児童約140人は2年半後に迫った東京大会に期待を膨らませた。

 フラッグツアーの歓迎イベントが体育館で開かれた。五輪の競泳女子で08年北京大会と12年ロンドン大会に出場している伊藤華英さん(33)らが五輪旗の旗手となり、児童の拍手で入場した。

 五輪旗を伊藤さんから受け取った深津徹町長は旗を左右に大きく振り、「東京大会が歴史に刻まれ、多くの人に感動を与える大会になるよう町としても応援していく」と述べた。代表の児童2人にも手渡された。

 また東京大会に向けて積極的に五輪・パラリンピック教育に取り組んでいるとして、同校が「東京2020オリンピック・パラリンピック教育」実施校に認められ、認証書が大会組織委員会から贈られた。

 6年の湯澤帆花さんは「東京大会には選手として出場できないけど、精いっぱい応援したい」と話した。

 町中央公民館では21日まで旗の展示が行われている。

 フラッグツアーは2016年10月に東京都内で始まり、これまでに都内や競技会場がある道県、東日本大震災の被災地などを巡回。19年3月末までに47都道府県全てを回る予定。

 松川町は東京五輪・パラリンピックに参加する海外の選手らと地域住民が交流する政府の「ホストタウン」構想に2016年12月に登録。中米コスタリカを相手国とし、交流を始めている。計画だと、大会前後にコスタリカの選手との交流を図り、小中学校に国際交流授業を取り入れる。

 コスタリカにちなんだ事業を展開する。昨年は8月に同国公用語のスペイン語の会話教室を開講し、9月には町民向けのコスタリカセミナーを開催。10月にはコスタリカ料理を学校給食に提供している。また4月には深津町長らが熊本市を訪れ、サッカーの女子日本代表(なでしこジャパン)と対戦をしたコスタリカ代表を応援している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52