松尾で少年サッカー教室開く

スポーツ

[ 2014年 7月 29日 火曜日 9時44分 ]

 飯田サッカー協会(村松豊次会長)は26日、アルゼンチン出身の元プロ選手を講師にした少年サッカー教室を飯田市松尾明の市総合運動場で開いた。飯田下伊那地域の小学3年生40人や少年チームの指導者10人が参加。南米仕込みのしなやかな身のこなしや足技に触れるとともに、サッカーを陽気に楽しむ大切さを学んだ。

 講師は、先のW杯で準優勝したサッカー大国アルゼンチンのプロリーグでプレーしたペレス・ホルへ・ハビエルさん(39)=安曇野市。2002年のW杯日韓大会でパラグアイ代表が松本市でキャンプインした際、通訳兼アシスタントコーチを担い、その後に日本でサッカーコーチなどを務める。

 飯伊でのサッカー教室は3年連続の開催。「ジョージ」の愛称を持つホルへさんはサンバのリズムも取り入れながら、児童たちと元気に楽しく交流を深めた。英語を交えたコミュニケーションを通じて、サッカーが国際的なスポーツであることも意識させた。

 コーンをDFに見立ててのドリブルからのシュート練習では「DFをかわすにはスピードが大切。でも、ぶつかるとファウルだよ」「シュートの前は1回だけのセルフパス。蹴りやすい場所へボールを運び(シュートは)よく狙って」などと助言を送った。保護者ら20人を加えた親子対決もあり、盛り上がった。

 様子を見守った村松会長は「ジョージはW杯の日本代表について『型にはまりすぎでは。同じような選手ばかり』と表現していた。子どもも指導者たちも、伸び伸びとサッカーを楽しむ大切さを感じとってくれるとうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48