松尾小学校で土俵開き

スポーツ

[ 2012年 5月 16日 水曜日 9時09分 ]

 校庭に本格的な土俵がある飯田市立松尾小学校(北沢彰利校長)で15日、本年度の土俵開きがあった。雨のため、体育館に設けたマット状の土俵で実施。同校相撲部の代表児童17人が、ぶつかり稽古や模範相撲などを披露し、見守った全校児童822人を沸かせた。

 現在の土俵は、以前の土俵の老朽化に伴い2007年12月に新装。「相撲を通じてたくましく成長を」の願いを込めて松尾地区を挙げて改築に取り組み、当時の在校生たちも作業に関わった。土俵は授業のほか、新装に合わせて発足した相撲部の稽古に利用。秋には相撲クラスマッチの舞台となる。

 今季の土俵開きで北沢校長は、土俵づくりに携わった地域住民や卒業生たちの頑張りとともに、同校の「相撲の心得」を紹介。「相手が大きいからといってびくびくせず、小さいからといってばかにせず、正々堂々と礼儀正しく、真剣に勝負する精神を受け継いでいってほしい」と期待を込めた。

 続いて、6年生の児童会長が「私たちの学校には立派な土俵と学校目標の『まけるな』精神がある。弱い自分に負けずに、いろいろなことに頑張れるよう、土俵の上でも頑張っていきましょう」と呼び掛けると、土俵を囲んだ児童たちが元気良く「はい」と応じた。

 3年生以上の25人が所属する相撲部の児童たちは、しこ踏みとすり足の基本動作を披露。ぶつかり稽古に続いて、東西に分かれての9番勝負もあり、豪快な投げ技や熱戦が繰り広げられるたび、盛んな拍手と歓声が沸き起こった。

 校庭の土俵は冬の閉鎖期間を終え、すでに4月から相撲部が使用を再開。全校児童が参加するクラスマッチ形式の「まけるな相撲松尾場所」は10月に予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19