松尾小学校で土俵開き

スポーツ

[ 2012年 5月 16日 水曜日 9時09分 ]

 校庭に本格的な土俵がある飯田市立松尾小学校(北沢彰利校長)で15日、本年度の土俵開きがあった。雨のため、体育館に設けたマット状の土俵で実施。同校相撲部の代表児童17人が、ぶつかり稽古や模範相撲などを披露し、見守った全校児童822人を沸かせた。

 現在の土俵は、以前の土俵の老朽化に伴い2007年12月に新装。「相撲を通じてたくましく成長を」の願いを込めて松尾地区を挙げて改築に取り組み、当時の在校生たちも作業に関わった。土俵は授業のほか、新装に合わせて発足した相撲部の稽古に利用。秋には相撲クラスマッチの舞台となる。

 今季の土俵開きで北沢校長は、土俵づくりに携わった地域住民や卒業生たちの頑張りとともに、同校の「相撲の心得」を紹介。「相手が大きいからといってびくびくせず、小さいからといってばかにせず、正々堂々と礼儀正しく、真剣に勝負する精神を受け継いでいってほしい」と期待を込めた。

 続いて、6年生の児童会長が「私たちの学校には立派な土俵と学校目標の『まけるな』精神がある。弱い自分に負けずに、いろいろなことに頑張れるよう、土俵の上でも頑張っていきましょう」と呼び掛けると、土俵を囲んだ児童たちが元気良く「はい」と応じた。

 3年生以上の25人が所属する相撲部の児童たちは、しこ踏みとすり足の基本動作を披露。ぶつかり稽古に続いて、東西に分かれての9番勝負もあり、豪快な投げ技や熱戦が繰り広げられるたび、盛んな拍手と歓声が沸き起こった。

 校庭の土俵は冬の閉鎖期間を終え、すでに4月から相撲部が使用を再開。全校児童が参加するクラスマッチ形式の「まけるな相撲松尾場所」は10月に予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞