松尾相撲クラブが強豪迎え合宿

スポーツ

[ 2017年 5月 4日 木曜日 13時46分 ]

002matsuo

 松尾相撲クラブが全国の強豪選手を迎えて開くゴールデンウイーク合宿が3日、飯田市松尾城の市立松尾城公園相撲場で始まった。昨夏の世界ジュニア女子相撲選手権大会の個人無差別級で優勝した金沢学院高校3年の山下紗莉奈さん(17)=石川県=ら60人余の選手や指導者が来飯。約20人の部員と寝食をともにしながら稽古に励んでいる。

 合宿は今回も来飯した鳥取県鳥取市の鳥取城北高校女子相撲部との交流をきっかけに始まり、3年目。今回は高森町の町民研修センターを宿泊場所に設定し、初めて寝食を共にしている。

 初日は世界やアジア、日本のチャンピオンら、中高生から社会人までの強豪、日本大学相撲部のOBや立命館大学相撲部、トヨタ自動車相撲部などの選手、監督らが参加。四股や摺(す)り足などの基本を実演しながら、子どもたちに指導した。

 部員の小中生は見よう見まねで練習。急速に上達する子もいて、保護者らを驚かせていた。

 同クラブ代表・監督の清水里香さん(北方)が、鳥取城北高校監督の須藤愛さんと日大相撲部で先輩後輩の関係だったことから、一昨年にスタート。その輪が広がり、今回は県内の他、山形県や福井県、石川県から足を運ぶ選手もいた。

 男子主将で上郷小学校6年生の高橋洸介君(9)は「強い選手の動きをよく見て、基本的な動作を盗みたい」。普段は男子に混ざって練習しているという世界チャンピオンの山下さんは「女子の強豪や先輩たちと練習ができる貴重な機会。14日の全国大会に向けてしっかり稽古したい」と決意を語っていた。

 5日までの日程。座禅体験なども計画している。

 清水監督は「世界トップの技を見られる大きなチャンス。子どもたちの成長につながれば」と話していた。

 稽古は公開。5日は午前9時半―午後1時に同相撲場で。ミニ大会も計画している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19