松川サッカークラブが30周年記念教室

スポーツ

[ 2015年 12月 29日 火曜日 8時59分 ]

 松川町の松川少年少女サッカークラブは28日、サッカー教室を町民体育館で開いた。クラブの創立30周年記念事業の一環。クラブで活動する小2~6年の児童62人のほか、松川中学校のサッカー部員ら計約100人が参加した。

 同クラブは小学生対象のサッカー教室として1985(昭和60)年に発足し、30年の節目を迎えた。

 クラブOBで、サッカーJ1の横浜F・マリノスでホペイロ(副務)を務めている山崎慎さん、横浜F・マリノスに所属するDF天野貴史、GK飯倉大樹の両選手を講師に迎えた。

 教室は小学校低学(1~4)年、同高学(5、6)年、中学生の3部構成で行い、低学年では遊びの要素を加えたドリブルで体を動かし、ミニゲームに移ると選手たちと一緒に汗を流した。子どもたちは夢中になってボールを蹴り込み、ゴールが決まると両手を広げて喜んでいた。

 記念事業実行委員長の堀木正良さんは「Jリーガーと触れる良い機会。選手の動きを肌で感じ、今後のために多くを吸収してほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48

新たな迂回路が通行可能に

4月29日木曜日13:34

「ルミナコイド」活用し商品化

4月28日水曜日15:34

すずり形鉄板を開発

4月28日水曜日15:12

ワクチン接種始まる

4月27日火曜日15:56

新市議に当選証書付与

4月27日火曜日15:25

天龍中で早くもプール開き

4月27日火曜日15:56










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞