松川サッカークラブが30周年記念教室

スポーツ

[ 2015年 12月 29日 火曜日 8時59分 ]

 松川町の松川少年少女サッカークラブは28日、サッカー教室を町民体育館で開いた。クラブの創立30周年記念事業の一環。クラブで活動する小2~6年の児童62人のほか、松川中学校のサッカー部員ら計約100人が参加した。

 同クラブは小学生対象のサッカー教室として1985(昭和60)年に発足し、30年の節目を迎えた。

 クラブOBで、サッカーJ1の横浜F・マリノスでホペイロ(副務)を務めている山崎慎さん、横浜F・マリノスに所属するDF天野貴史、GK飯倉大樹の両選手を講師に迎えた。

 教室は小学校低学(1~4)年、同高学(5、6)年、中学生の3部構成で行い、低学年では遊びの要素を加えたドリブルで体を動かし、ミニゲームに移ると選手たちと一緒に汗を流した。子どもたちは夢中になってボールを蹴り込み、ゴールが決まると両手を広げて喜んでいた。

 記念事業実行委員長の堀木正良さんは「Jリーガーと触れる良い機会。選手の動きを肌で感じ、今後のために多くを吸収してほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞